水戸忠交易News

近現代陶芸・工芸 水戸忠交易 お知らせのページ
<< アレッサンドロ・ヌティーニ Alessandro Nutini 展 -トスカーナ 景 太古の幻影- | main | 和田的展@東美アートフェア2017 >>
-漆- @アートフェア東京2017

音丸耕堂 彫漆紫陽花香合 径6.8×高5.3cm 共箱 1970年代 Sold
Otomaru Kôdô Incense box with hortensia flower design, made in chôshitsu (carved laquer) technique, 1970’s


増村益城 乾漆流水文盛器 径35.7×4.5cm 共箱 1962年頃 Sold
Masumura Mashiki Black and red lacquered tray with flowing water pattern, made in kanshitsu (dry lacquer substrate) technique, c. 1962



山村慎哉 唐草文尻張四方小箱 径9.7×7.7 高7.3cm 2017年 Sold

豊かな自然と湿潤な風土に恵まれたわが国には古来より漆芸の伝統が受け継がれてきました。
それらは近代に至りアール・デコなど欧米のデザインを積極的に取り入れながらも、国内各地の特色にあふれる作家各々の個性的な意匠を漆独特の質感と器形に巧みに組み合わせながら世界でも類をみない工芸美術の一ジャンルを築きあげています。この度はこうした近現代を代表する漆芸作家の優品を特集いたします。
小展ではございますが、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。
The lacquer tradition has long existed in Japan with its natural and climatic conditions perfect for the material. In modern days, together with a variety of influences from the West, Art Deco style in particular, the art of lacquer has been developed in its diversity by numerous lacquer artists who explore highly individualistic styles and shapes that could only be obtained by the materialistic quality of lacquer, showing a rich technical and artistic complexity.
This year we are very pleased to present a selection of lacquer pieces by some of the most representative modern and contemporary lacquer artists in Japan.
We look forward to welcoming you at our booth No 27 at Art Fair Tokyo 2017.

出品予定作家
赤塚自得 音丸耕堂 黒田辰秋 寺井直次 増村益城 山覚太郎 山村慎哉 他
The artists:
Akatsuka Jitoku/Otomaru Kōdō/Kuroda Tatsuaki/Terai Naoji/Masumura Mashiki/Yamazaki Kakutarō/Yamamura Shinya

アートフェア東京2017
Booth no. N27

作品につきましてはお気軽にお問い合わせ下さいませ。
Please do not hesitate to contact us for any more information.
水戸忠交易ウェブサイトトップページ Mitochu Koeki Company Website Home
| その他 | 15:30 | - | -