水戸忠交易News

近現代陶芸・工芸 水戸忠交易 お知らせのページ
茶碗・茶器展
早くも汗ばむような初夏の季節が到来いたしました。
さて、来る5/25(金)より6/17(日)、「茶碗・茶器展」を開催いたします。
時代や国籍を超えた物故巨匠作家から現代作家までの茶碗や茶器を、見立てや組み合わせる事によって生まれる新たな魅力を感じて頂ければ誠に幸いです。

出品予定作家:
石黒宗麿、加守田章二、河井郤]此∪鄒デΑ∋嚇鳥外叩∂静直瓜福金重陶陽、八木一夫、飯塚小玕斎、寺井直次、田口善國、熊谷守一(書)、山村慎哉、和田的、ルーシー・リー etc

皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

会期:2018年5月25日(金)−6月17日(日) 11:00−19:00 会期中無休
会場:水戸忠交易 東京都千代田区紀尾井町4-1 ホテルニューオータニロビー階


石黒宗麿 緑釉鉄絵茶碗 卯一識 w15.7 h5.2cm Sold
Munemaro Ishiguro Blue glazed tea bowl with iron glaze design Authenticated by Uichi


加守田章二 茶盌 1977年作 共箱 w13.7 h8.2
Shōji Kamoda Tea bowl made in 1977 with box


川瀬忍 翠瓷茶碗 w13.0 h7.0
Shinobu Kawase Suiji(Celadon) tea bowl


田口義國 梅蒔絵黒柿平棗 共箱 w8.1 h6.0
Yoshikuni Taguchi Maki-e lacquer tea caddy with plum blossom design


山村慎哉 花尽金蒔絵四方平箱 w7.0 h2.7
Shinya Yamamura Gold Maki-e lacquer square box with floral pattern

Chawan and Chaki :Tea Bowls and Tea Utensils

It is our pleasure to announce our coming exhibition held in our premises, starting from Friday 25th to Sunday 17 June 2018, entitled Chawan and Chaki : Tea Bowls and Tea Utensils.
The exhibits include a selection of works by modern masters as well as by some contemporary artists. We would like to propose a mitate presentation of tea utensils of various media, including ceramics,lacquer, woodwork and bamboo, combining works coming from different periods and nationalities, so that a new aesthetic harmony could be achieved and fresh sensitivities be discovered.

The artists include:
Munemaro Ishiguro, Shōji Kamoda, Kanjirō Kawai, Shinobu Kawase, San’an Yamada, Shōji Hamada, Tōyō Kaneshige, Kazuo Yagi, Shōkansai Iizuka, Naoji Terai, Yoshikuni Taguchi, Kōdō Himi, Morikazu Kumagai (calligraphy), Shinya Yamamura, Akira Wada, Lucie Rie, etc.

We look forward to welcoming you during our show.

Friday 25 May – Sunday 17 June 2018
11:00 – 19:00 (open throughout the exhibition)

Venue: Mitochu Koeki
Hotel New Otani Lobby Floor, 4-1 Kioicho Chiyoda-ku Tokyo

| - | 12:10 | - | -
British Modern@アートフェア東京2018
バーナード・リーチと富本憲吉や濱田庄司らの交流に象徴されるように、特に近現代の陶芸史においてかねてより日本とイギリスのつながりは深く、民芸運動などを通じてその制作思想は互いに共鳴し合いました。
戦後イギリスにはリーチの後にルーシー・リー、ハンス・コパーが出て後世に大きな影響を与えますが、伝統に基づいた確かな技術を用いながらも、欧米の芸術思潮や生活空間を反映した実に多様な作家が、現在に至るまで豊かな展開を見せています。
このたびは、ルーシー・リー、ハンス・コパー、また彼らと同じくユダヤ人としてロンドンへ亡命し、60年代以降はアメリカでも活動したルース・ダックワース、抽象的な文様とやきものの形を一体化させイギリス陶芸の新たな一面を切り開いたゴードン・ボールドウィン、たたら状の形を組み合わせ、器の構造を追及したケン・イーストマン、ニコラス・レナ等イギリス近代陶芸史を代表する作家をご紹介いたします。
皆様のご来場をお待ち申し上げております。

The British and Japanese ceramic history crossed their paths in modern days through the close association of Bernard Leach, father of British studio pottery, with Tomimoto Kenkichi and Hamada Shoji, one of the most important modern studio potters of Japan. As the advocators of Mingei Movment Bernard Leach and Hamada Shoji, in particular, influenced each other theoretically and artistically. In postwar Britain, Lucie Rie and Hans Coper, both emigrated to Britain, made a great impact on the following generations. Since then till today, numerous studio potters in UK have developed rich variety of expressions reflecting the life style of modern days as well as the art and spirit of the time in the West.

We would like to showcase the works by some of the most influential potters of the modern and contemporary Britain, including Lucie Rie, Hans Coper and Ruth Duckworth who was likewise emigrated to UK and later moved to USA where she worked actively from 1960’s onwards, Gordon Baldwin who opened up a new horizon in British studio pottery incorporating abstract patterns into vessel form, followed by Ken Eastman who pursued the possibility of form built with clay slabs and Nicholas Rena who enhanced the vessel form with monumentality, to name a few.

We look forward to your visit to our stand at Art Fair Tokyo 2018.


Ken Eastman ケン・イーストマン (b.1960)
Good Friday 2004 w50.0×46.0 h71.0


Ruth Duckworth ルース・ダックワース (1919-2009)
Untitled c.1989 w10.0 h14.6


Lucie Rie ルーシー・リー (1902-1995)
ピンク釉鉢 c.1978 w22.4 h11.2 sold


Hans Coper ハンス・コパー (1920-1981)
Pot c.1965 w14.8×11.4 h18.4 sold

アートフェア東京2018
Booth no. N20

作品につきましてはお気軽にお問い合わせ下さいませ。
Please do not hesitate to contact us for any more information.
水戸忠交易ウェブサイトトップページ Mitochu Koeki Company Website Home
| - | 18:37 | - | -
和田的展@東美アートフェア2017
和田的氏(1978生。略歴)は、その研ぎ澄まされた緊張感のある造形性で、完成度の高い白磁・青白磁を発表してきました。近年では、各陶芸賞での受賞を重ねるなど、着実な活動を続けています。
白磁の色と直線の見せる明快で力強い造形は、ろくろ引きした形を乾かした後、少しずつ時間をかけて削り込み作り出されます。そこには、土との格闘の上、目的とする形にミクロの単位で迫ろうとする凄みが感じられます。
この度の水戸忠交易における個展では、これまでの作陶を振り返りつつ、新たな試みとなる大作をテーマに据え更なるスケールの作品19点を展観いたします。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

Wada Akira @ Tokyo Art Club Art Fair 2017
Wada Akira (b.1978) has been continuing his pursuit for a perfectly accomplished shape in white porcelain and celadon charged with an acute sense for structural power. He has been awarded various prizes in recent years, the most recent being the Grand Prix at the Kikuchi Biennale.
Powerful, linear thrown shape in white porcelain is left to dry and then carved under a time- consuming gradual process. This is as if the artist’s challenging the clay to achieve the intended form with a microscopic trimming procedure.
We are very pleased to present 19 examples of the work of Wada Akira from his earlier to the latest, his experiment on much larger scale, overviewing the artist’s production over a decade.
We look forward to welcoming you with us in our booth at Tokyo Art Club Art Fair.


白器「ダイ/台」 w34.4 h28.2 sold


白器「表裏」 w18.1 h48.8 sold


白磁香炉 w8.6 h16.0 sold

会場:東京美術倶楽部
会期:2017年10月13日(金)-15日(日)
東美アートフェア


作品についてはお気軽にお問い合わせください。
水戸忠交易ウェブサイトトップページ
| その他 | 15:49 | - | -
-漆- @アートフェア東京2017

音丸耕堂 彫漆紫陽花香合 径6.8×高5.3cm 共箱 1970年代 Sold
Otomaru Kôdô Incense box with hortensia flower design, made in chôshitsu (carved laquer) technique, 1970’s


増村益城 乾漆流水文盛器 径35.7×4.5cm 共箱 1962年頃 Sold
Masumura Mashiki Black and red lacquered tray with flowing water pattern, made in kanshitsu (dry lacquer substrate) technique, c. 1962



山村慎哉 唐草文尻張四方小箱 径9.7×7.7 高7.3cm 2017年 Sold

豊かな自然と湿潤な風土に恵まれたわが国には古来より漆芸の伝統が受け継がれてきました。
それらは近代に至りアール・デコなど欧米のデザインを積極的に取り入れながらも、国内各地の特色にあふれる作家各々の個性的な意匠を漆独特の質感と器形に巧みに組み合わせながら世界でも類をみない工芸美術の一ジャンルを築きあげています。この度はこうした近現代を代表する漆芸作家の優品を特集いたします。
小展ではございますが、皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。
The lacquer tradition has long existed in Japan with its natural and climatic conditions perfect for the material. In modern days, together with a variety of influences from the West, Art Deco style in particular, the art of lacquer has been developed in its diversity by numerous lacquer artists who explore highly individualistic styles and shapes that could only be obtained by the materialistic quality of lacquer, showing a rich technical and artistic complexity.
This year we are very pleased to present a selection of lacquer pieces by some of the most representative modern and contemporary lacquer artists in Japan.
We look forward to welcoming you at our booth No 27 at Art Fair Tokyo 2017.

出品予定作家
赤塚自得 音丸耕堂 黒田辰秋 寺井直次 増村益城 山覚太郎 山村慎哉 他
The artists:
Akatsuka Jitoku/Otomaru Kōdō/Kuroda Tatsuaki/Terai Naoji/Masumura Mashiki/Yamazaki Kakutarō/Yamamura Shinya

アートフェア東京2017
Booth no. N27

作品につきましてはお気軽にお問い合わせ下さいませ。
Please do not hesitate to contact us for any more information.
水戸忠交易ウェブサイトトップページ Mitochu Koeki Company Website Home
| その他 | 15:30 | - | -
アレッサンドロ・ヌティーニ Alessandro Nutini 展 -トスカーナ 景 太古の幻影-

「霧の夜明け Alba tora le nebbie」Oil on Paper 42.0×30.0 Sold


「自然に住まう精霊の影 Ombre degli spiriti in contemplazione della NATURA 」Oil on Paper 42.0×30.0 Sold


「バッカナーレ(バックスの祭) Baccanale(Festa di Bacco) 」Oil on Canvas 42.0×30.0 Sold

この度、イタリア人画家アレッサンドロ・ヌティーニの個展を開催いたします。
ヌティーニ氏はイタリア、フィレンツェ生まれ。画家、修復家工房に弟子入りし、15世紀絵画の伝統技術を学びます。その後1985年以降画家として独立、日本を含めイタリア、ヨーロッパ各地で個展、グループ展を重ねてこられました。

特に2008年以降、トスカーナの古代から続く町に滞在したことをきっかけに描き始めた風景画は、土、自然、古の人々の息吹を感じさせる幻想的なものです。ヌティーニ氏独特の幽玄な色調は、カンバス、また黄味がかった独特の紙に塗り込められることにより奥行きのある深い精神性を生み出しています。

ヌティーニ氏の25点あまりの風景作品を中心に展示いたします。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

会期:6/30(木)-7/10(日)
会場:水戸忠交易
開廊時間:11:00-19:00 会期中無休・作家在廊

作品につきましてはお気軽にお問い合わせ下さいませ。
水戸忠交易ウェブサイトトップページ

| - | 18:18 | - | -
荒木高子・稲崎栄利子展−腑分と甦生− @アートフェア東京2016

荒木高子 左より「ゴールデンバイブル」1991年 w27.2 h18.3  「シルバーバイブル」1991年 w29.2 h17.5


稲崎栄利子「Arcadia」h40.0 2016年 陶土、磁土、glass

荒木高子(1921-2004)は、兵庫県西宮市に生まれ、60年代に渡米しニューヨークで彫刻を学びます。帰国後は京都市立工芸試験所にて陶芸を学び、70年代の後半から彼女の代表的なシリーズである「聖書」の作品群を作り始め、日本陶芸展(最優秀賞)、ファエンツァ国際陶芸展など国際的陶芸コンペにて受賞を重ね、欧米でも高い評価を受けました。
荒木はキリスト教信者ではありませんが、宗教というものは人間の精神の最も切実な表れであるとして、その最たる象徴であるバイブルを陶芸で表現することを生涯にわたるテーマとしました。

稲崎栄利子氏(略歴)の作風もまた極めて繊細なものですが、実に細かな作業の果てしないまでの反復の中で形づくられ、容をもたない土の粒子が集い、自然の流れの中で自らの意を得たかのように姿を現していく様は、荒木の退廃的な美感とはまた違った、有機的生命感に満ち溢れています。

本展におきましては、この二人の大作を中心に展示いたします。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております。

アートフェア東京2016
Booth:N26 水戸忠交易

Araki Takako and Inazaki Eriko – Dissection and Resurrection @ Art Fair Tokyo

Araki Takako
From left to right
Golden Bible 1991, H18.3 x 27.2 cm
Silver Bible, 1991, H17.5 x 29.2 cm

Inazaki Eriko
Arcadia, 2016, stoneware clay, porcelain clay and glass
H40.0 x 30.0 cm

Araki Takako (1921-2004) was born in Nishinomiya, Hyogo Prefecture.
She went to New York to study sculpture in 1960’s. Upon return to Japan she studied ceramics at Kyoto Municipal Polytechnique School (today’s Kyoto Municipal Institute of Industrial Technology), and soon after she launched her series of work entitled Bible, by which she is best known for, that gained her a worldwide recognition, winning several prizes including Grand Prix at Nihon Tôgei Ten and Silver medal at Faenza International Ceramic Competition, Italy.
She was neither religious nor a Catholic, but she considered that the religion is the most fervent manifestation of a human spirit, therefore the Bible as a symbol and embodiment of human spiritual realm became her life-long theme to explore in clay.

Inazaki Eriko (CV attached) is most noted for the work of extreme fragility. The shape is created through an incessantly repetitive making process attentive to minute details. A tiny particle of clay, which is per se not for any use, is re-composed to emerge as a whole as if it went through a natural cause of transformation. The result is charged with organic energy of rebirth.
It differs from a decaying beauty of Araki’s Bible who successfully sublimed it into a fossilized clay icon.

We are very pleased to have this occasion to present the most representative and compelling works of these two artists.

We look forward to welcoming you at our booth No 26.

作品についてはお気軽にお問い合わせください。
Please do not hesitate to contact us for any more information.
水戸忠交易ウェブサイトトップページ Mitochu Koeki Company Website Home

| - | 17:43 | - | -
2016早春展 -茶碗を中心に-

ルーシー・リー スパイラル茶碗


音丸耕堂 彫漆カトレヤ菓子器


稲崎栄利子 Parade

寒さも緩み、花のたよりも聞かれるようになりました。

本日より、当ギャラリーにて「早春展」を開催いたします。
お茶碗を中心に近現代工芸、絵画の名品を展示いたします。
皆様のご来店を心よりお待ち申し上げております。

出品作家
石黒宗麿 飯塚琅玕斎 音丸耕堂 加藤土師萌 金重陶陽 北大路魯山人 黒田辰秋 寺井直次 富本憲吉 ルーシー・リー 十五代樂吉左衞門
稲崎栄利子 竹村友里 新里明士 和田的 他

会期
3月4日(金)-21日(月)
11:00-19:00 会期中無休

作品につきましてはお気軽にお問い合わせ下さいませ。
水戸忠交易ウェブサイトトップページ
| その他 | 14:30 | - | -